医療保険オールガイドTOP > 医療保険にがん保険は必要か?

ガン保険は本当に必要か?

医療保険には様々なタイプがあり、もちろんガンの保証もしてくれる保険もありますが、なぜガン専用の保険があるのでしょうか?

ガンと診断された場合、通常の医療保険での補償と、ガン保険専用保険での補償は、どの様に違うのかを説明していこうと思います。

まず、一般的な入院保険でガンと診断された場合に、その医療保険でどこまで補償されるのかを説明します。

ある保険会社のBという商品を例にすると、通常60日補償1万円のプランが、ガンと診断されると2倍の120日までを補償してくれるという規約があります。

ですが、これだけではまかないきれないのがガンという病気です。

治療や入院、手術となると、更に多くの入院日数も必要となる為、120日の補償ではまかないきれない場合もあります。

更に先進医療を受ける場合、健康保険や一般的な民間医療保険では保障されないため全ての自腹の高額な治療費が必要になります。

通常の入院保険では、ガンという病気をまかなうにはとても間に合わないという事を覚えておいて下さい。

次に、ガン特約の保険についてを説明します。

ガン専用の保険ので補償される内容を知る

ガンと診断された場合、ガン専用の保険の場合、入院、通院日数に関わらず、無制限で補償を受ける事が出来ます。

更に、ガンと診断されたら○○万円支給、などの一時金の支給や、高度な先進医療を受けた場合の負担を軽くする為の給付金なども充実しています。

また、短期間で同じ病気で再入院する場合、一般の入院保険ではその入院での補償は受けられないのですが、ガン保険では短期間の入院でも同じ補償を受ける事が出来ます。

手術や治療に関する給付金が、他の保険よりも手厚く補償されており、通常制限のある入院補償も無期限に受けれるという事が、ガン専用保険の特徴でもあります。

ガンは日本人がかかりやすい病気の一つでもある為、専用の保険が充実しているのですね。

40歳を超えてきたり、ガンになりやすい家系だという事が分かっている人であれば、ガン専用の特約も付けておくべきです。

医療保険オールガイドTOP > 医療保険にがん保険は必要か?