医療保険オールガイドTOP > 民間の医療保険に加入した方がいい人

民間の医療保険加入の必要性は?

医療保険が必要か否かは、個人によっても意見が分かれる所です。

不測の事態に備えて加入しておいた方が良いという方や、健康保険のみの加入で充分という人…その考えは様々です。

例えば、20代で入院医療保険に加入したとすると、平均払込料は2、3千円となり決して保険料は安くありません。

例えば60歳払込コースを選択している場合、合計で100万近くもの保険代を支払う事になります。

終身コースを選択していると、その分支払うお金も増える訳です。

もし、何も病気をする事なく健康な場合、この100万というお金は無駄になってしまいます。

その為、その分を貯蓄に回して残しておいた方が良いという方が多いのも理解はできます。

しかし、長い人生、何が起こるかわかりません。常に最悪の事態が起こる事を考えてリスクヘッジをしなくてはなりません。

不慮の事故で入院するかもしれないし、突然前兆もなく重い病気にかかってしまうかもしれません。

更に結婚して家族を持つのであれば、子供の将来の教育費や住宅のローンなど…様々な高額出費が予測されるのです。

人生で2番目に高い買い物と言われている医療保険ですが、「私は絶対必要ない!」と言う前に、加入しておいた方が良い人の特徴についてを把握しておきましょう。

医療保険に加入した方が良い人の特徴とは?

まず、両親や親族に生活習慣病を患っている人は、それなりの医療保険の加入が必要です。

高血圧症や糖尿病、痛風、更年期障害、ガンなどの病気は、実は遺伝が大きく関わっていると言われています。

ガンや生活習慣病で亡くなっている家系であれば、ガンに対する補償が付いた医療保険に加入しておいた方が安心でしょう。

更に、現時点で十分な資産がないけれども、医療保険に費やす分を貯金に回した方が良い、という方も加入しておいた方が身の為です。

医療保険は、加入した時点から手厚い補償を受けれますが、貯蓄に関しては徐々に積み上げていくものです。

その為、貯蓄の途中で不測の事態が起こった場合、対応しきれない場合も出てきます。

老後の為だったり子供の将来の為だったり、貯蓄の目的は様々ですが、多くの方は、いつ起きるか分からない不測の事態には備えていないのが現状です。

せっかく貯めた貯金を、病気などのマイナスの出費に使いたくありませんよね?

一定期間保険を使わなければ、生存ボーナスとして払い込んだ一部が戻って来る保険もあります。

とにかく損をしたくない!という方は、ボーナス付きの保険を選んでみたらいかがでしょうか。

医療保険オールガイドTOP > 民間医療保険に加入した方がいい人