医療保険オールガイドTOP > 医療保険とは?

医療保険とは?

医療保険とは、病気や怪我をした時などにかかる治療費などの経済的な負担を、少しでも軽くする為の保険の事です。

例えば、事故などの怪我で長期入院した場合、治療や入院費、仕事をしている場合は、その間の生活費もままならない状況となってしまいます。

そうなると、十分な治療が受けられない状況に陥ってしまいます。

そういった状況を回避する為、入院1日につき○○円、通院1日につき○○円と決まった金額を保険の対象者に支払う事で、当面の治療費や生活費をまかなう事が出来るのです。

この医療保険の種類には、公的医療保険と民間医療保険の2種類の保険が存在しています。

公的医療保険と民間医療保険、2つの医療保険の特徴についてを、詳しく説明していきましょう。

公的医療保険と民間医療保険の違いについて

公的医療保険とは、つまりの所、健康保険というものです。

この健康保険は、病気や年齢の有無に関わらず、誰でも加入する事の出来る保険であり、保険料は収入に応じて決定されます。

この健康保険は、現在の日本ではほとんどの人が加入しています。

健康保険の自己負担額は3割ですが、この保険に加入せずに医療を受けると、10割の自己負担を強いられてしまいます。

逆に民間医療保険は、健康保険と違い、加入については個人の自由となりますが、加入する際に一定の条件が課されます。

入院・通院に特化した保険、がん治療に特化した保険、女性特有の病気の為の保険や終身保険など、その種類は様々です。

保険の種類によって加入条件は異なりますが、持病があり入院歴・通院歴がある場合などは加入ができなかったり、制限されたり、保険料が割高になってしまったりします。

その理由は、健康な人と持病を持っている人とでは、将来の入院や治療の可能性が違ってくる為です。

ちなみに、民間医療保険は、年齢と性別により、保険料や保証内容も異なります。

年齢が若いほど、病気や入院のリスクが低い為に保険料も安いですが、年齢が高くなるにつれて、その保険料も高くなります。

しかし、健康保険と違い、万が一病気や事故などで入院・通院する場合には、保険料の出費は必要になりますが、民間医療保険の保障はかなり手厚いと言えるでしょう。

医療保険オールガイドTOP > 医療保険とは?