医療保険オールガイドTOP > 高額療養費とは?

健康保険の高額療養費制度を知ってますか?

高額療養費とは、健康保険の加入者を対象にしたもので、入院や怪我で長期間入院や治療を受けた場合、その医療費が高額になる事から上限を設定して、その金額だけを払えば良いという制度です。

入院は、1日平均で13,000円の自己負担もかかるので、1ヶ月入院するだけでも、自己負担額は約40万円にもなってしまいます。

この他に治療費もかかるとなれば、とても痛い出費となってしまいます。

このような医療費の負担を軽減する為に、ある一定額を越えた分の医療費に関して、払い戻される制度の事を、高額療養費制度と呼んでいます。

この医療費の自己負担限度額については、保険の種類や年齢などによっても計算方法が変わって来ますが、今回は一般的な家庭においての計算方法で説明したいと思います。

高額療養費の計算方法

保険の種類が被保険者保険であり、70歳未満、世帯主の収入が53万円以下、住民税非課税世帯では無い、一般的な世帯の場合の計算方法について説明します。

この場合は70歳未満一般に分類され、計算方法は下記の通りになります。

自己負担限度額:80,100円+(医療費-267,000円)×1%

例えば、月の医療費が入院などで30万かかってしまった場合…

自己負担限度額は87,430円で、残りの212,570円は高額療養費として返還されるという事になります。

80,100円以上の医療費がかかる場合は、高額療養費として申請する事が出来ますが、高額療養費制度を3ヶ月以上継続して利用した場合、4ヶ月目からは、自己負担額が44,000円となります。

例えば、月の医療費が85,000円の場合、3ヶ月目までの自己負担額は80,263円ですが、4ヶ月目からは41,000円の自己負担となるのです。

よって、1年間の医療費は、高額療養費制度を利用していない場合だと102万円、利用した場合だと609,789円と、負担額に大きな差が出る事が分かります。

大きな金額の医療費が発生した場合には、とても助かる制度ですので、これを受けるためにも健康保険は絶対に加入しておきましょう。

医療保険オールガイドTOP > 高額療養費とは?