医療保険オールガイドTOP > 保険代理店を使うメリット・デメリット

保険の代理店制度とは?

保険代理店制度とは、保険会社から委託を受け、その保険会社の代わりに契約者に保険を紹介したり、契約したりする制度の事です。

大型ショッピングモールなどの一部に、医療保険の窓口などと言ったお店があるのを、見かけた事はありませんか?

最近では、アフラックのアヒルを入口に目立つ様に置いているお店も多くみかけますが、あれは保険会社から代わりに報酬をもらって商品の販売と契約を任されている、代理店となる訳です。

自分自身でお店を開く様なものですから、割と自由に営業出来るのが利点ですが、契約が少ないと登録した保険会社より解雇通知みたいなものが届きます。

特にアフラックなどの保険に関して、代理店でも多く見かけますが、果たして代理店を介して保険加入する事について、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

代理店を介して契約するメリットとデメリット

代理店を仲介して保険を契約するには、メリットもあればデメリットもあります。

まず、メリットとしては、保険アドバイザーと一緒に考えながら、自分に見合った保険を決める事が出来る、という事が挙げられます。

保険に関しては、誰もが未知の世界です。

どんな保障が必要なのか、どんな保険を選べばいいのか、分からない所も沢山ありますが、その分からない部分を保険会社の代わりにカバーしてくれるのが、代理店の役目です。

その為、納得して商品を購入する事が出来ますが、デメリットとしては、代理店を立てる事で維持費がかかる為、保険料が割高になる、という所です。

代理店の方が良い方であれば問題はありませんが、中には契約が欲しいが為に、デメリットを説明せずに、自分に都合の良い高い保険を売りつけようとする人も居るそうです。

代理店を選ぶ際にも注意が必要だ、という事なのですね。

医療保険オールガイドTOP > 保険代理店を使うメリット・デメリット