医療保険オールガイドTOP > 医療保険のクーリングオフ制度

医療保険はクーリングオフで解除できます。

医療保険を契約したはいいけど、後から冷静になって考えてみると、こんなに高い保険は必要なかった…という事は、良くある事だと思います。

しかし、1度契約してしまったら契約期間中は解約出来ないのではないのか?と思い、諦めて結局保険料の支払を開始してしまう方も、そう少なくはありません。

保険は1度契約してしまったら、満期になるまで解約出来ないものなのでしょうか?

いいえ、実は1度契約してしまった商品に関しても、ある一定期間内に解約を申し込めば、その契約は無かった事に出来る制度があるのです。

皆さんも1度耳にした事があるとは思いますが、この制度の事を「クーリング・オフ制度」と呼んでいます。

では、具体的にどの様な手続きをすれば良いのかを、説明していこうと思います。

クーリング・オフ制度で医療保険を解約する条件

クーリング・オフ制度とは、訪問販売などで商品の契約をした際、ある一定の期間内であれば、購入者の希望による契約解除が出来る制度の事です。

商品の契約にあたり、私達契約者と販売者側では、商品知識に大きな差が生じてしまいます。

その為、医療保険などの契約に関しては、利点だけを述べられてつい契約してしまう…という事もあるのです。

年齢にそぐわない特約や保障など、後から冷静になって見直すと、「必要なかったな…」と思う事も多いはずです。

そんな時は、契約から8日以内に契約解除の申し立てを行えば、違約金などかかる事なく、契約を解除する事が出来るのです。

この8日という機関に関しては、保険会社によっては違う場合もありますので、契約のしおりをご覧の上、確認して下さい。

また、契約解除は書面で行います

電話や口頭などでの解除は認められていませんので、ご注意下さい。

用意する用紙は、どんな用紙でも構いません。

書面には、申し込みを撤回する意思を明記した上、名前と住所などを書き、契約した会社へと提出します。

その際、郵送でも受け付けられますが、トラブルを防ぐ為、内容証明で発送する様にした方が良いでしょう。

どうしても自分でやるのが難しい場合は、弁護士などに相談する事をおすすめします。

医療保険オールガイドTOP > 医療保険のクーリングオフ制度